緩んでくる頭を心を身体を感じて。大好きな沢井〜御嶽渓流散歩。自然の営みを感じる事で、自分が感じること、やりたいこと。その2(3/#100blogs)

アウトドアセッション、アウトドアワークショップをメインでやっています。

心のツアーガイド、カウンセラーのとしです。

(もちろん雨の日やめちゃくちゃ寒い日、遠方の方は室内やネットを活用します。)

で、なぜアウトドアなのか。

昨日、友人をアテンドしながら感じたことなどをつらつらと。

自然という、日常と違う空間、場所であることがなぜ良いか3つのポイント

1.ノイジーの解放

昨日、テッツーさんお話をしていて、私たちは朝起きて会社に行くだけでも、たくさんの情報に触れてるね、と。

自分にとって必要、必要じゃない関係なく

自分にとってノイジーな環境に日々いるなぁと。

自然の中には、人工的な情報はなくて、ただただしぜんの営みがあるだけ。

今だと、紅葉がおわりかけて、枯れそうな落ちそうな葉っぱがたくさんあったり、道ばたには、冬枯れの草花がたくさん。

日が差すとお日様の暖かさを感じ、

陰ると風の冷たさを感じる。

自然を眺めている、感じているだけで

自分の体の中にある不要な雑音みたいなものを放出できる。

2.自然の力を受け取り始める。

ノイジーを放出すると、だんだんと周りの自然からのエネルギーを受け取ることを始める。

あー川の流れる音がする。

小鳥がさえずっている。

風の音がきこえる。

新鮮な空気が体いっぱいに充填してくる。

3.自然と自分がバランスよく調和してくる。

放出して受け取り始めると

自然と自分がバランスよく調和してくることを感じます。

なんというか、自分と自然の間に境がなくなるような感じ。

自然は、ありのまま、四季を育み育てている。

私たちが生まれる前から、死んだあともなお。

ジタバタしてもしょうが無い。みたいな潔さ。

ただそこにあるというエネルギー。

新鮮なエネルギーで満たされていく感じでしょうか。

古いエネルギーが新しいパワーに変わっていく、生まれ変わっていくかんじ。

近所の公園でも感じる事もできるし

自然だらけの所でも

同じように感じます。

自分の好みの渓流や海や山であればなお一層

エネルギーを強く感じます。

そんな、リセットしたり、リフレッシュしたり、リバースしたり、だからアウトドアが好きなんですね。

そんな頭を身体を心を緩めてからの、セッションやワークは、深いところからの気づきが起きることが多いです。

都内では

明治神宮や新宿御苑も

おすすめです!

これからもアウトドア、自然の中を

大切にしてお仕事含め楽しんでいきたいと

強く感じた昨日でした。

#100blogs

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。