人材紹介会社 の活用のすすめ

転職を考え始めるきっかけは、今の仕事、職場環境、待遇への不満、もしくはライフワークの変化(結婚、出産、育児、介護、病気)がなどがあると思います。

そんなときは、転職エージェント(人材紹介会社)を上手に活用しましょう。

派遣社員を希望するなら派遣会社へ。

正社員や契約社員など、企業に直接雇用されることを望むなら紹介会社へ。

いずれにしても

情報収集するために、まずは登録することをお勧めします。

(派遣会社と紹介会社は、雇用属性が違うので、紹介会社を対象にして記載します。)

マッチする案件があれば、すぐに面談や電話インタビューのアポイントがはいるでしょうし、

案件がなくても、エージェントにとって成約、収益が見込める方の場合は先方からのコンタクトがあります。

****

残念ながら

登録したのに、しばらく連絡がない。あなたのキャリアをいかせるものがないとレスが来た場合は、

現在の転職市況とマッチしていないということがわかります。(ここでいう、マッチしないは、人柄・人物等のお話ではなく、あくまでも転職のマーケットでは、というお話です。)

またそのエージェントにそのキャリアの案件がない場合もあります。

その場合は、年齢を若くすることは不可能なので、何を武器にするか、キャリアの洗い出しやもしくは、ニーズのある転職市況に自分を合わせることが可能か一考する必要があります。また、他のエージェントに登録をする。動かないとわからないことがあります。
だからこそ、動いてみる。

今の自分と転職市況との状況をまず知る。わかる。

エージェントを使った

転職活動のファーストステップです。

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。