それでも前へ(日々のキャリア相談から)

日々キャリア相談の中で

あーこの方は今転機なんだろうなと

思う相談にあたる。

転職は、マーケットがあるので

どうしても若手に人気がある。

少子高齢化はそこまできているので

どの業界や職種がいち早く

キャリアのある転職希望者を登用していくのだろうか。きっと40代以降のキャリア組が活躍する時代がくると信じている。

が実際はまだまだ熱烈歓迎までいかない。

昨日お会いした方もキャリアは充分あるけれど年齢でエージェントにも会えないとおっしゃっていた40代中盤

(エージェントは企業から手数料をいただく為、先方の要件にあう、もしくは、その可能性がある若手人材を推薦できるかそこが重要な収益ポイントとなるので、可能性が少ないとエージェント側が判断した場合、面談に至らないケースがほとんど。)

たまたま当社にニッチな案件があったためお会いすることとなった。

想いがあってご自身のキャリアを活かして独立したがいろんな事情があってその事務所を畳む

組織で働いていたブランクはあれど実績もありとても真摯で実直な方だった。

扱っている業界が金融なので

なかなかこの業界は硬い(転職をリスクと捉え、リスクを考えられない人という判定する人事もいる。それでも中途でいい人欲しいってタテホコなんですけどね。横道それました)

それでも前へ進む

進みたいという想いに触れると

背中をしっかりと押したくなる

性分だなぁ。

良いご縁に恵まれるよう

私の出来ることに注力しよう!

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。