と人材紹介会社の登録は、複数必要。

先ほどの記載した

あなたにマッチする案件がありませんとレスが来た場合ですが

これには、二つ意味があって

人材のキャリアにマッチする案件が市況にない、人材側の場合

マッチするキャリアの案件を持ってないエージェント、エージェント側

二面があります。

私が面談者のかたによくお話ししていたのは転職のチャンスをつかむには、複数社登録をしてください。でした。(在籍していたところは、業界特化型だったため。特に)

エージェントの種類

業界専門のエージェント

職種専門のエージェント

業界問わず幅広く若手案件を多く持ってるエージェント

コンサル系に強みがあるエージェント

ベンチャー系に強みがあるエージェント

グーグル等で、例えば、金融    人材紹介で検索するとたくさんでてきます。

その企業が持ってる案件情報みながら

自分の希望にマッチする案件が多いなとおもったら

まず登録!です。
登録に必要な履歴書、職歴書などの書類は

ご自身のプレゼン資料になるので

次の回に記載します。

「エージェントは複数社登録して活用」

です。

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。