「年齢の壁」を超えて転職成功54歳私の場合。待ちながら攻める。

職探し、残念ながら「年齢の壁」はあります。特に直接雇用で準大手以上狙う場合は、あります。

紹介会社(直接雇用/正社員・契約社員)のキャリアカウンセラー(法人営業との両面)と派遣会社のコーディネーター経験がある私の今回の職探しは、「年齢」という誰もが重ねる「年」と言われる物がかなり選考に影響を及ぼすだろうことは、わかっていました。

(はっ、気づくと54歳)

ちなみに、紹介会社(紹介形態は2種類あります)で、全然紹介されないよーと嘆いてるあなた。年齢と転職歴(回数)のバランスは、どんな感じでしょうか?

私が直近までやっていたところは、金融業界に特化していたところで

よほどのバリキャリ(バリバリでキャリアが貴重)でないかぎり45歳以上の転職は、若手の転職よりも難儀しました。50歳以上は、書類を出せずなかなかそのテーブルにも乗れないことが多かった。金融商品の営業は、契約社員という形で女性を希望している銀行、証券会社の案件はありましたね。55歳くらいまで当時は応募できたなぁ。

派遣はもっと年齢が壁の顕著なケース多し。

年齢を差別してはいかんとありますが

65歳が定年とした場合

あと何年その会社に貢献できる年数があるか?

ここが大きなポイントになっているのは事実。差別ではなく区別て感じ。

ただし、中小企業や小さめのベンチャーの場合、即戦力を望むため多少年齢を重ねていても経験と人柄、会社との相性で乗り切れるケースもあります。

また職種によって表にでないっていうと語弊があるけれど

コールセンターなどは年齢高めでもチャンスあり。ただし派遣多し。

なかなか仕事が決まらない場合は、企業規模をかえたり、自分の経験した職種で、今活かせる物がないか再度検討する必要がありそう。

で、今回の私の場合は、好きな仕事(ライフワーク)もしたいため、自分の働き方の希望(週3-4、9-17、自宅から30分以内)がはっきりしていたので、派遣で探すことにしました。壁はあってもトライ続けるのが秘訣。

大手2社には以前から登録をしていたので、職歴の補足や希望を伝えて案件のリサーチをお願いする。

で、あなたが40代までなら待っていてもガンガン声がかかるでしょう。

50代は、待ちながらも攻めていきます。

大手の派遣会社は、個別で求人情報を載せているサイトがありますので

そこで自分の希望にかなった、近い案件に並行してエントリーします。

気になるなら直接電話もできます。

また会社を問わず派遣だけを掲載しているサイトもあります。

エン派遣 とか

で、ざっと自分の希望に近い案件をたくさん持ってそうな派遣会社に登録にいくのもよいでしょう。

で、不思議なのですが、

求人情報を見ているだけでは

ちょっとエントリーしただけでは

動きがないのですが、

たとえば、直接電話をして、相談したり、案件の紹介をうけて、職場見学が入り出すと

他の案件や他社の派遣会社も動き出したり、新たな紹介がきたりするものです。

これは自分が人材紹介をしてた時も感じたことなのですが、

求職者が行動すると、次につづく何か(自社が担当する他の案件だったり、面接だったり、他社からの紹介)に繋がっていくケースが多かったです。

今回も、決定したのは、もともと進んでいた案件ではなく、担当の営業マンとコーディネーターの機転で、途中、新たに紹介された案件だったのです。

進んでいた案件の日程調整について、先方の都合で返事を待っていたところ、その営業が担当する他企業から、新たに入ってきた案件がありました。営業マンから、その案件の方が、私のキャリアをより活かせるのではないか、とこちらに相談。あっという間に職場見学へと進み、決まりました。お世話になりました。案件の紹介から決定まで要した期間は、3日間。

もちろん途中、社内選考で年齢で落とされた案件も多数ありますよ。(派遣会社は、年齢とは言えないので濁しますが、よく使われるのが、応募者との相対比較、て言葉ですけどね)

でもそんなことはわかってること。だめなら、次いってみよー!です。

で、今回自分の活動を総括すると

エントリーはじめてから決定までは2週間でした。(それでも短い方かな)

新たに登録した派遣会社1社

エントリーした案件10件

うち職場見学2件、見学予定1件

職場見学したうちの1件で決定

とこうなりました。

就業が決まった会社は

企業規模8名

技術開発サービスの会社

創業3年目

週3、9-17、駅近企業、自宅から30分以内。

の会社です。

在籍している方の年齢も40代以上

落ち着いています。

管理部門(人事、総務、経理)での仕事でこれまで経験してきた職務を活かせます。

自分の希望がはっきりしていたこと、派遣会社の担当営業、コーディネーターとのリレーションがよかったこと、諦めずに動いたことがこの就業の機会に結びついたなと感じています。

転職活動は、あせらず、くさらず、諦めず。

キャリアや応募書類(履歴書、職歴書類)の書き方、仕事の選び方で試行錯誤している方がいらっしゃったらお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

転職活動を行う際、紹介会社の活用には2種類あります。詳しくはこちら記事をご覧ください。

この記事を書いた人

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。