3.11に思うこと

7年前の今日

チーママの卒業式だった。

無事卒業式が終わって

チーママたちは、卒業打ち上げへ

私は自宅へ。

ちょうど家に着いて一息入れたとき

揺れた。初めて怖いと思った揺れだった。

こんなに東京が揺れている

どこで何が起こったのか

すぐにテレビをつけた。

最初のうちは、映像を見ているのに

肚におちてこない。

しばらくして、ジワジワとわかってくる。

大好きな福島が宮城が岩手が

良く出かけた宮古が

とてつもないことになっているようだ。

実家は、秋田市にでかけるよりも、盛岡に出た方が近い、盛岡寄りの秋田。

実家に電話をかけたのだか

なかなか通じない。

数時間後、実家から電話がきた。

宮古に住んでいる親戚と連絡がとれない。

こちらは無事だ、と。

胸はなで下ろしたが

その時には、これほどまでに被害が大きいとはおもっていなかった。

、、、、。

今年もこの日が来た。

今日、花屋の店先で白いクリスマスローズがセールで、軒先に並べられていた。

クリスマスローズは、茎も葉っぱも力強い。花は可憐で少しお辞儀をしているよう。

迷わず買った。

あの時間に植えよう。

何もできないけど、忘れないあの日を。

亡くなった人だけではない。

生活環境を変えなければいけない人がいる。

実家をやむを得ず離れていった人がいる。

今もなお被災途中の人がいる。

忘れない。

私ができることは、

今、生きている自分を、家族との時間を仲間との時間を大切にすることだ。

あの時に、旅立った人の分まで

生ききる。どんなことがあっても。

クリスマスローズとともに

黙祷を捧げる。

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。