遠足だー。静岡県富士宮方面へ会いたい人に会いに行く♪(前編)

ん十年前、新入社員で入った会社の上司、先輩、同僚は、現在も個性的で自分軸、好きなこと、やりたいことをやっている魅力的な人が多い。

その中の先輩(女性)の一人Sさんが、現在は、静岡県の富士宮方面でイチジク(多品種)農家を始めたのは、2011年5月頃。

(現在はイチジクだけじゃなくお米や野菜、果物を栽培されてます。)

在籍中は、ほとんど言葉を交わしたことがなかったけれどFBで仲よかった先輩達の‘いいね’でsさんの撮った富士山がとてもとても綺麗で、心に爽やかな風〜。どんな人なんだろう。すてきな写真だな〜と(この記事の写真は、Sさんから拝借してまーす)

思わず2012年9月にメッセンジャーで感想と怪しいものじゃないですとお友達申請をさせてもらう。

Sさんは、快く承諾してくれて、それ以降FB上でのお付き合いがはじまりました。

季節のフジ子(富士山のこと)の写真や農業のこと、わんちゃんのこと
読んでいて、そこで丁寧に暮らしているSさんの日々は、いつも大切なことを忘れてなーい?って応援されたり、励まされたり。

そして、田植えの時期、収穫の時期は、イベントとして仲間を募り、みんなで農作業をしたり。人の協力を自然と活用できるところなんてワンダホーだなー。と

K先輩いわく、Sちゃんのすごいとこは、そのあふれ出る好奇心と、枠にはめない柔軟なこころだよねー。ほんまに激しく同意です。

会社を退職し、フリーのデザイナーで活躍していた方が田舎暮らしを堪能している様子はとにかくすごいなーの一言。(大阪出身で都会の似合うあの人が〜的な)
田舎は、新参者にはなかなか優しくないことを大阪から秋田へ転校したとき、両親のことを通して感じていたからなじんで生活するって大変だったのでは?と。
前置きが長くなりましたが、知り合って4年ごし、これまた仲良いK先輩とようやく遊びに行けることになった28日、おいしいものとお喋りと自然を堪能してまいりましたぁ。

一緒にいかないっ?て声かけてくれたK先輩と忙しい中、おもてなししてくれたS先輩お二人にありがとうございました〜。

次の投稿では、おいしいものをたくさん食べてきたのでその紹介をしまーす!!

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。