算命学について(興味があったもの)

算命学というのは、大雑把にまとめると、宿命を知って運命を変えていきましょう。より幸せに生きましょうという学問です。《誕生日はそれぞれ意味があってあなたが生まれた日は、こんな宿命があるのよお。生年月日を十干と十二支で表して組み合わせて 空亡をみつけ天中殺の時期に穏やかに過ごせるようにしましょうね 》六星占術の大殺界は算命がもとになっているようです。

歴史)4000年前の中国(当時は中国やないけど)で生まれた陰陽学を祖として、暦法(誕生日)を活用した予知術のなかにある万象学のこと。中国では帝王学、一子相伝、門外不出で国や一族の繁栄、政治や軍略に活用されていました(当時のえらい人は誕生日を人に教えたりしなかったそうです。)清国が破れて中国になるときに危機感を感じた予知術の超トップが長崎に逃れそこでその教えを受けたのが高尾家のえらい人だった。その人がその後も研究を重ね今の算命学となり日本に広まっていったと。(実際見たわけでないので、「こんな感じです」の文章になってますが。。。)

続く、、、、予定(歴史らしきものしかかけてないやん)

自己理解を深めるときに役立てることがあります。

今の自分はね、宿命ってなんやねん。運命ってなんやねん。好きな事して生きてくねんのスピリッツです。(しかし、後で算命学で自分の流れを見ると、あー重なってるって出てるって驚く。なので面白い)

ただ、じぶんのことがみえないよおお。という方には、こんがらがった紐を解くときのヒントになりますよ。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。