【東京森カフェ/3軒め】これぞ森カフェ「水の音」武蔵五日市

【東京森カフェ/3軒め】これぞ森カフェ

◎野外テラス「水の音(みずのね)」
☆武蔵五日市線/武蔵五日市駅からバス、西小中野(にしこなかの)徒歩2分

☆は実際、利用した交通機関です。
あきる野市小中野167

あきる野市小中野167

休:水の音(12月~3月)火曜日
OPEN:11:30から17:00
—————–
相方も休みだった今日。しばらく渓流のある森に出かけていなっかたので「東京の森のカフェ」で一番行きたかった「水の音」へ、さっそく訪ねました。
いつもは、奥多摩青梅方面に出かけますが、今日は青梅線の途中拝島駅で乗り換えて武蔵五日市駅へ。初上陸です。わくわく。


武蔵五日市駅からバスに乗ると山にも登れるし、森にも、渓谷にも行けるし基点になってる駅です。

今回の野外テラス「水の音」へは、1番線からバスに乗り(のーーーんびり歩いてもいけます。30分くらい)西小中野で降りてすぐ。

おおもとは、黒茶屋という料亭3000坪の渓流沿いの敷地に二つのカフェ

大正ロマン漂う「糸屋」と渓流沿いに階段状にある野外テラス「水の音」

今回は渓流沿いの「水の音」へ


ほんとに贅沢なテラスでの時間、渓流に降りて水に足を浸しアーシングしたり。思い切り自然を味わいました。(ここは、飲み物とあんみつなど甘味だけですので、食事は別の所で済ましてから)

今日はお財布に余裕があるぜ!の方はぜひ黒茶屋さんの会席料理を。(誕生日はここでご飯食べたいなぁ。)

その後敷地内をのんびりテクテク。

大きな水車。

遊歩道には、お土産さんがあったり、お焼きやさんがあったり、籠屋さんがあったり。

東屋も二つ、


渓流沿いのテラスもカフェ以外に二つ。

ゆったりとした午後をすごしました。


都心からも武蔵五日市駅は近い!

奥多摩、青梅も大好きな場所ですが

武蔵五日市方面もこれから訪れたい場所になりました。
この黒茶屋、水の音、糸屋は、リピート確定ですね。

次回は紅葉の時を狙って訪ねたいです。

森や渓流沿いに美味しい珈琲

おすすめです。


—————-
素敵な写真と文章で森カフェを紹介している本はこちら

東京の森のカフェ
東京の森のカフェ

posted with amazlet at 17.10.12
棚沢 永子
書肆侃侃房 (2017-07-02)
売り上げランキング: 9,103

森カフェ訪ねは、これからも不定期に続きます。

 

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。