自分と向き合う、クリアリングとクリーニング。「善意の強要(その3)」

「親が喜んでくれるから(その2)」 (←前回のお話)

生まれてから高校卒業するまでの18年間

自分軸ではなく宗教軸の熱烈信者の親元で暮らす娘は、どんどん息苦しくなっていく。

(小さい頃から、みんな違ってみんな良いんじゃないのって思っていたので、強要されることにむちゃくちゃ反発があった)

「この信仰から離れると幸せになれない」

悪いことがあると「信心していないお前は、だから駄目なんだ」

いいことがあっても「これを信じているからだ」

何にでも宗教軸の家族の中で育つと

それは、恐ろしい呪文となって

心にすり込まれている。

自分軸がまずは基本でしょ。と思ってる子供は、卒業と同時に家をでた。

ほっとした。

しかし

呪文は染みついている。

うまくいっていても

「信心していないからいつか壊れる」

うまくいってなくても

「信心していないからだ」

それは

それは

この年になってまで後生大事に

すりこまれた思い込みだ。自分の顕在化している意識ではいくら否定していても

潜在意識のなかで

「親のいうことを聞けない私は、駄目なのだ」「親から愛されたいのに、親が信じている宗教を信じ切れない自分は愛されない」

というインストール。

私は、どんなけ親に愛されたかったのか。

それもびっくりしたけど。

先月の中旬から

父との間で起こった出来事の中で

ここにきて、ようやく父に

「貴方たちがやっている宗教と団体が大嫌い」

「宗教軸で判断される自分がとても苦しかった」

「どんな私でも、無条件で愛して欲しかったんだ。」

「助けて」と初めて言葉にすることができた。

父からは、ナンの反応もない。

これまでは、母と私の問題だと思っていたことが

母が亡くなってから

実は、理解者だと想っていた父との関係にも

とても問題があること

ラスボスは、二人の信じていた宗教や団体。

父の小さい頃の境遇を考えると

彼自身「助けて」と言えなかった。

どんな彼でも愛してくれる人はいなかった。

そんな境遇の中で育っていたことがわかる。

母もそうだ。田舎の長女で生まれ

自分の自由は限られ

父と駆け落ちしたさきに待っていたのは

貧困であり、生きにくさ。

軸になる自分とは向き合わず

その時に二人が出会った宗教が軸になっていく。

それを子供によかれと思って強要していく。

善意の強要は、手に負えない。

本人たちは、それが良いことだと想っているから。

 

【家族連鎖 幼少期を紐解く】<その1> <その2> <その3 本記事> <その4>

【心のクリアリングとクリーニングについて】

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。