②6/25 大塚彩子さんのPIANO&TALKイベントに参加。音楽は、森羅万象(ありとあらゆるもの)に力を与える。

彩さんは、芸大卒で作曲家でアレンジャーで音楽療法士で心のスペシャリスト。

今回は、劇曲を担当していたアニメの一つ「ゼーガペイン」のオーケストラ版サウンドトラックをピアノだけでプレイするライブ。CDは先に発売中。ライブ日は、ピアノ譜面の作品集の一番早い発売日。

彩さんは作曲家として活動していたけれどburnoutして、現在は、心の道に進んで個人セッションやワークショップを開催している。

なので実に9年ぶりのライブ。そしてこれからは、音楽と心、両輪で活動を広げていかれる。ブラボー!!

わたしが知っている彩さんは、心理カウンセラーの側面。自分もバンド活動しているので、ジャンルはちがってもどんなライブになるのかとても楽しみだった。
まず、構成がすばらしかった。

一部は、アニメの劇曲の中からと+木蓮の涙のピアノ演奏。そして彩さんがburnoutした時にお世話になり彩さんのカウセリングの師匠である、岡部明美さん(通称明美ちゃん)の朗読との即興演奏。

ピアノの単独演奏、言葉とピアノのコラボ

時に力強く

時に慈愛に満ち

心に沁みわたる。

15分の休憩を挟んで
二部は、国際的に活躍中のチェリストの諸岡由美子さんとの

ピアノとチェロによる演奏
チェロの響きは体に寄り添って全体を包んで心が満たされていく感じだった。
そしてアンコール。
ライブの中で使用されている映像も音楽と非常にマッチしていて陰影をつけてくれる。

演奏がすばらしかったのはもちろん。私にとっては、彩さん節MCがとても楽しかったです。  

今回のライブは
心理カウンセラーとして彩さんと接している組にはアーティストしての彩さんを

アニメファンとっては、カウンセラーで生身の彩さんを

両者にとって知らない側面を知ること、感じることができてとてもいいステージだったとおもう。

余談〕私の隣はアニメファンの男性。とても礼儀正しい心優しい青年で、お茶を売ってる場所までエスコートしてくれたり、アニメのことも少し教えてもらった。ロボットアニメなんだけど青春群像作品で とても哲学的だと。再放送を動画配信でやっているからぜひごらんになっては?すすめてもらいました。

ありがとうNくん。

リーフレットと一緒に写ってるコースターはアニメファンの人がゼーガペイン10周年を記念して自主制作でつくったものをいたたぎましたー!

、、、、前投稿の予告3本立ての②を先にあっぷ!

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。