この人から学びたい。明美ちゃんの個人セッションを受けて。(その2)


【前回その1】

明美ちゃんの前に座る。

ところが、「大丈夫、大丈夫」が全然大丈夫じゃなかった。

こんなに未完了の感情が溢れてくるとは思わなかった。
私の場合の大きく囚われている気持ちは

「突然無くなる」「恐怖心」だった。

そしてやはり17年前旅たった彼に対する未完了の感情がザクザク。
家庭環境はそれぞれちがう。

うちはわりと健全な家庭環境だったとおもっていたけれど

それでも

囚われている感情がでてくる。

その感情が潜在意識に潜り込んで

自分でも気がつかず(潜在意識なので気がつかないんだけど)

自動反応をする。

二度とその経験をしたくないと勝手に心が動いてしまうのだ。

だから自分は

作っては自分から壊し

「突然なくなるなら、その前に自分で壊しちゃえ。もしくは終わらしてしまえ」

となっていたんだなーとストンと腑に落ちた。この肝に落ちる感覚大事です。

思考で納得するのではなくて

心身一体となって受け止める感じ。
そのほかにも囚われている感情はでてくる。

そして当時欲しかったものもわかってくる。

ただ単に母親に抱きしめてもらいたかったんだ。

大丈夫だよ。って言ってもらいたかったんだなぁ。

と。これは一例私のね。

一方で、母には母の両親が、父には父の両親が家族は連鎖する。そのことも感じた。自分の主観から離れて俯瞰し受け止める機会はそうそうない。

そして、亡くなった彼への気持ちを認めて手放せた。(今回はここにフォーカスした)

それにも幼少期の未完了の感情は関わっている。
ようやく心の探求のスタートラインに立てた感じだ。
私がこれから学ぶこと、その途中で体験することは、必ずクライアント心の土台(在り方)の役に立つ。必要だと思っている人に届けることができる。そう感じることができた。(それが自分のお役目なんだと)

その向きあっている自分の在り方に繋がって行く人たちがいる。

明美ちゃんは個人セッションの中、

私の心の援助者として、あらゆるところから自由自在にいろんな球を投げてくれる。(それは深い体験と学びと豊かな慈愛が明美ちゃんにあるからだ)

答えは自分の中にある。

そしてそれは、自分で欲しないと

見つめることはできない。

私も私なりの在り方で、それぞれ課題のちがうクライアントに向き合っていこう。
来年は心の在り方を整えて手放す体験の年だ。

明美ちゃんから学べる。

それが叶う年になる。

「この人から学びたい。」

今年は

誰から学びたいのか

私にとって

学びたい人と

繋がる年になっていると感じる。
カウンセリング

セラピー

コーチング

様々なセッションがある。
どれも敷居は高くない。

カウンセリングや、セラピーを受けるのに抵抗を感じる人もいるかな?そんな自分は弱くないです。とか病んでませんとか。

そうじゃないんだよ。もちろんヘヴィな悩みもあるさ。

自分の考えや悩みがグルグル回ってきても回っていなくても

自分の癖を知ったり

心を整えて次に向かうために

自分と向き合える時間を持つことおすすめですよー!

大丈夫。大丈夫。

あなたの心のサポーター応援団として手軽に活用してほしいとおもう。
セッションが終わった後

暖かくて力強いエネルギーに

包まれました。

(これは、私の場合です)

セッションを受けたあと数週間経過していますが、ジワジワと

お腹におちてくることがたくさん。

視界がぐんぐん広がる感じを味わっています。

すべて
次へむかう力!

to next stage

ワクワクしてこう!

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。