名古屋城の野望、野望の会は、アツかった。①午前中、コトー先生のお話&ワーク

待ちに待った!

名古屋城の野望の会
午前中は、同業者からも厚い信頼をよせられる、頭蓋骨整体師 コトー先生のセミナーがあり(コトー先生プロフィール)、「歴史や習慣から考える日本人の体の使い方」。

(コトー先生は、野武士のような雰囲気&

ご一緒にこられていた素敵な先生たち

もワイルドな野武士集団にみえた)

歩くこと(日本人の昔と今)、体をゆるめること、正座について、etc..ワークありの充実の時間をすごしました。

「なんば歩き」と、「体のゆるめかた」は、

※なんば歩き、

右手と右足を同時にだし、次は左手と左足。

体の軸のぶれを直すときなどに活用。

※体のゆるめ方、かかとに重心をおき、胸を張るのではなく、かたをおとす。どちらかというと猫背。ふっーと力を抜く感じ。
普段とは、違う視点からの、アプローチだったので、ものすごくびっくりしました。

が、実際ワークを通して、柔軟性の変化を体感しました。

また、下半身を固めてしまう正座は、オススメしないこと。

一人一人の体は、違うのに、すべての人にマッチするストレッチは、ないなーと、もっともだ。と思った次第です。

そして、ミネラルを含むお塩が大切。

コトー先生が朝習慣にしてる

寝起きに塩ちょっとなめ、白湯を飲むを

まねっこしてみよう。

そしてお昼休み、ランチ

挟んで

野望の会本編へと続くのであった!

《つづく》

この記事を書いた人

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。