旅立ちの見送り

チーママの友人のお母様が旅立った。

前から入院されていて、何度か危ないところも切り抜けてきた。が、残念ながら、旅だって行かれた。

うちにも遊びに来たり、チーママの家で偶然会ったり、とても明るくて気立てのいいお嬢さん。

ご両親の愛をしっかり受けて育っているなーと。彼女に会うたび思っていた。

今日は、チーママと一緒に、お母様のお見送りをさせてもらった。

彼女がとても小さく見えた。

私も母を二年前に見送った。事故死だったので、突然だった。

突然でも病でも
たびたちは、悔しくて、さびしくて、かなしい。

今まであったものが、なくなるのだ。

形じゃないことも、頭ではわかっていても。

その声をもう聞けないのだ、

その体にもう寄り添えないのだ。

ぬくもりを直に感じることはできないのだ。

亡くなった当初は、いろいろな手続きに追われる。雑多な事が落ちついてきたとき

ドーンとその気持ちが押し寄せてくる
もっとこうしていれば、

なんであのとき、

繰り返し、繰り返し。


どうすればいいのか。

それは、悲しみや後悔と向き合うしかない。

しっかりとむきあうことがいい。

泣いていいのだ。自然と声かでるのであれば

出るに任せれば良いのだ。

何度も何度もエアポケットにはいるように

繰り返し来る。

そのたびごとに

じたばたしていいのだ。

そして、そのたびごとに、

思い出してくれたらいいな

一人じゃないこと。

私も、そうやって助けてもらったから。
この世の命には、限りがあること。

その大切なことを、旅立つ人は、身をもって教えてくれる。

やり残してることは、ない?と

伝えてくれている。

命は、じゅんぐり、じゅんぐりと巡っていく。

心からご冥福をお祈りします。

この記事を書いた人

とし

とし

心身一如。心と身体のバランスはとても大切だと、自分の更年期を通して痛感しています。心と身体が疲れたなと感じたら、体調不全を経験した私がサポートします。自然の中や、おいしい台湾茶を飲みながら、まずは、ほっと一息入れませんか。詳しくプロフィールはこちら。